川副青山 川副 史郎

1971年伊万里生まれ、慶應義塾大学を卒業後、大手広告代理店での12年間の勤務を経て、2006年に家業である青山窯に入社。
伝統的な伊万里鍋島焼の絵付けや轆轤技法を学びつつ、経営者として今後の伝統産業の在り方を模索する。

2016年工房移転を機に2016/arita プロジェクトに参加、海外デザイナーと制作したコレクションをミラノサローネで発表するなど、これまでの鍋島焼の枠にとらわれない活動を行う。

「伝統を守るために変革を恐れない」という考えのもと、伝統技法の職人を育成しつつ、新しいものづくりに挑戦している。

株式会社川副青山 →公式サイト

<BACK MEMBER LIST NEXT>

PAGE TOP